ABOUT

日常着である以上、服は衣装ではなく道具である。 人の活動に付随するのが道具であり、デザインとはその道具がより機能するためにある。 道具が日常に馴染むたび、使い手のスタイルが築かれる。 そのスタイルこそが、ファッションとしてあるべきものである。